怪しい儲けサイトとは、報酬を還元しなかったり、登録者の個人情報を
横流ししたりする悪質なネット広告代理店やサーピス提供サイトのことです。
有名サイトになりすまして、重要な個人情報を盗む「フィッシング詐欺」には特に注意しましょう。



個人情報と報酬を守るためにもサイトの信頼性を見極めよう

ネットで儲けることが当たり前になり、インターネットでお金のやり取りが行われる
ようになると、そこに犯罪者が介在してくるのは世の常です。

サービスサイトにアクセスしたら、まず、社名、責任者名、所在地、電話番号などが
明記されていることを確認
しましょう。

明記されていない場合は、特定商法取引法に違反したサイトであり、信頼できません。

また、プライバシーポリシーのページやセキュリティマークが見やすいところに表示
されていることを確認しましょう。

日本語のホームページであっても、日本に事務所のない海外事業者の場合は
利用しない方か無難です。

安金性をチエックして、たとえ大丈夫そうでも、利用しているうちに
「何かおかしい」と感じたら、即座に利用を中止すべきです。


安心サイトの見分け方

1.会社概要を確認する
  サービス事業者に登録する前に、必ず「会社概要」「運営会社について」のページを
  読んでおこう。社名、所在地、電話番号などの表示がないサイトでは、
  たとえどんなに魅力的なサービスであっても登録してはならない。

2.プライバシーポリシーを確認する
  広告メール、アンケート、懸賞などのサービスでは、すべて個人情報、
  特に利用金融機関、年収、職業など、重要な個人情報が流出する危険性がある。
  プライバシーポリシーが明確でないサイトでは、登録してはならない。

3.SSLなど通信の暗号化を確認する
  個人情報を入力すると、SSLなどの通信を暗号化する仕組みが導入されているか
  どうか、必ず確認しよう。SSLが導入されていないと、盗聴される危険性がある。
  SSLマークの付いていないサイトは利用してはならない。
  具体的には、個人情報を入力する画面で、「https://」になっていることを確認します。

4.インターネットの評判を確かめよう
  インターネット上には、広告メール、アンケート、懸賞サイト、を比較し
  Webサイトが無数に存在している。
  そうしたWebサイトをいくつかみて、信用できるかどうか、
  確認しよう。利用者の口コミ情報はけっこう信用できるものです。