わたしは眼精疲労がひどく慢性的に肩こりをしています。


今日は、多くのかたがなっている、慢性的な眼精疲労のことを書こうと思います。


眼精疲労は慢性のものでどれだけ寝ても疲れがとれないのが特徴です。


毎日パソコンに触れていると眼精疲労は起きやすくなります。


かと言って日常生活の中からパソコンを排除してしまうなんて出来ません。


ではどんな使い方をすれば眼精疲労を防げるのでしょうか。


まずは休憩時間を設けることです。1時間に5分から10分の休憩時間を必ず取りましょう。


そして、目とパソコンの距離を40センチ以上離すことで眼の疲れがかなり違うそうです。


ディスプレイを見る角度は、見下ろすほうが疲れにくいそうです。


そして、まばたきを意識的にすると違うそうです。


まとめると、ディスプレイは覗き込まないようにして、見下ろすくらいで40センチ以上はなれてみることと、

まばたきをする、1時間に5分10分は休憩することが、眼精疲労によいそうです。


パソコンを覗き込まず、正しい姿勢を保って使うようにしましょう。